不動産担保ローンで危機を脱した

不動産担保ローンに助けられ返済目途が見えた

その努力の甲斐もあってか、予定をしていたよりも早くに完済することが出来たのです。
これで家を手放すかもしれないという不安に耐える日々は終わりました。
そうして気持ちが楽になってから今回のことを振り返ってみました。
たしかにきっかけになったのは、私が怪我をしたことです。
それはもっと慎重に山登りをするべきだったと反省しています。
でも根本的な原因は何かと考えると、もっと別なことだったような気がします。
いざというときに備えて、もっと蓄えがあれば急な出費にも対応できたはずです。
これまで、生活に余裕がなかったので、貯金ができていなかったわけですが、少しずつ収入も増えてきたし住宅ローンの完済も見えてきています。
それに返済をしていた分のお金をこんどは貯金をしていけばそれなりの金額になるはずです。
不動産担保ローンには、本当に助けられましたが、何かあるたびに家を失うかもしれないということを考えるとどうしても仕方のない時にこそ使う手段だと思えました。

住宅ローンの返済途中の自宅を担保にして融資家族が路頭に迷う危機を脱する事ができた不動産担保ローンに助けられ返済目途が見えた不動産担保ローンは実はお得なシステムでした